アクセス 電話する

お問い合せ TEL 03-5791-3636 ご予約(自動音声ガイダンス) TEL 186-03-4570-3389

ヒブ(Hib)ワクチン

ヒブ感染症(ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型感染症)

ヒブ感染症(ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型感染症)による感染症です。
この菌がのどから入って、脳を包む髄膜(ずいまく)、のどの奥の喉頭蓋(こうとうがい)、肺などに炎症を起こします。

欧米ではかかる子どもが多かったのですが、1980年代から小さな子どもにも有効なワクチンが開発され、それを全員に使用した結果、この病気が約1%に減少しました。

日本ではかかる子どもは少ないと言われてきましたが、よく調べると、年間約600人が重いヒブ感染症、特に細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん)になっていることがわかりました。
日本では毎年約千人が細菌性髄膜炎になっていますが、60%がこの菌によるものです。
これは、日本の予防接種制度が全体に遅れていて、ヒブワクチンが定期接種に組み込まれていないためです。

ヒブが脳を包む膜に直接ついて、脳の中にも膿が貯まったり(膿瘍)、脳脊髄液(のうせきずいえき)が増える水頭症になることもあります。
病気の始まりはかぜなどと区別がつきにくく、血液検査でもあまり変化が出ません。
このため診断が遅くなりがちです。その後にけいれんや意識障害が出てきます。
そのうえ、抗菌薬が効かない耐性菌も多く、治療は困難です。
亡くなる子どもも5−10%いて、脳の後遺症が30%くらいに残ります。
のどの奥に起こる喉頭蓋炎でも大変重症になり、死亡することも少なくありません。
基本的に、上記のように重症になります。
髄膜炎による後遺症として、発達・知能・運動障害などの他、難聴(聴力障害)が起こることがあります。

ヒブワクチン(不活化ワクチン)がようやく2008年12月から発売になりました。
生後2か月以上で5歳未満のお子さんはすぐに受けるようにしてください。
2010年夏以降は供給は安定しています。
ワクチンの接種回数は年齢により異なります。生後2か月から7か月未満は合計4回です。
7か月から1歳未満は3回、1歳から4歳までは1回です。DPTワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンとの同時接種も可能です。

ヒブワクチンの受け方

接種時期と接種回数

普通は生後3か月から三種混合(DPT)ワクチンと同時に、3-8週間隔で3回、その1年後に4回目。ただし単独接種も可能。また生後2か月から接種可能なので、こちらの方が早く抗体ができて、より望ましいものです。
ヒブワクチンは、1回目の接種年齢によって接種間隔・回数が異なります。詳しくは表をご覧ください。

接種開始の年齢 接種回数 接種スケジュール
生後2か月~6か月 4回 1回目から3-8週間隔で2回目
2回目から3-8週間隔で3回目
3回目の1年後に4回目
生後7か月~1歳未満 3回 1回目から3-8週間隔で2回目
2回目の1年後に3回目
満1歳~4歳 1回 1回のみ
5歳以上 接種不要

おすすめの受け方

2か月から小児用肺炎球菌ワクチンと同時接種で開始して、3か月からは小児用肺炎球菌ワクチン、三種混合(DPT)ワクチンとの同時接種で4-5か月までに終わる方が、早く抗体(免疫)ができるので、より望ましいものです。
また、発売時点で生後3か月以上のお子さんは、表のスケジュールでなるべく早く受けましょう。
このワクチンもWHO(世界保健機関)が最重要ワクチンの一つとして、すべての国で、国の定期接種にすべきだと勧告しているものです。

スケジュールをたてるときのポイント

病気が重いだけでなく、早期診断が難しいので、受けられる年齢になったらすぐに接種します。
三種混合(DPT)ワクチンと同時接種も可能です

副反応

接種したところが赤く腫れたり、しこりになったりする場合があります。頻度は三種混合(DPT)ワクチンよりも少し多いですが、腫れの程度は同じくらいです。

ご予約の詳細はこちら