アクセス 電話する

お問い合せ TEL 03-5791-3636 ご予約(自動音声ガイダンス) TEL 186-03-4570-3389

小児の予防接種

当院で行っている予防接種

当院では以下の予防接種を行っています。

品川区の推進する定期接種

4種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオ)、DT(ジフテリア、破傷風)、MR(麻疹、風疹)、日本脳炎、水痘、B型肝炎、肺炎球菌、Hib

小児肺炎球菌ワクチンの詳細はこちらをご覧下さい。
水痘ワクチンの詳細はこちらをご覧下さい。
ヒブ(Hib)ワクチンの詳細はこちらをご覧下さい。

任意接種

おたふく、麻しん、風疹、インフルエンザ、子宮頸がん

ご希望のワクチンを取り寄せますので、お電話または会計窓口にて、事前に御予約をお取り下さい。
尚、インフルエンザの予防接種は、卵アレルギーのあるお子様で完全卵除去されている方は、当院では行いませんのでご了承下さい。

同意書・委任状

下記のリンク先からダウンロードしてご用意ください。

同意書・委任状

接種当日の注意事項

1 診察券、2 母子手帳、3 記入済みの問診表が必要です。自宅で熱を測り平熱であることを確認してからご持参ください。
診察をご希望の方は保険証や医療証も持参願います。できれば日頃の健康状態をよく知っている保護者の方が御連れください。

次のような場合は延期となります。

  • 発熱をしている。(通常37.5℃以上)
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかである。
  • 麻しん(はしか)、風疹、おたふくかぜ、水痘(水ぼうそう)、突発性発疹、手足口病、インフルエンザ等にかかり治癒して間もない。

標準的には次のように間隔をあけて接種します。

  • 麻しん(はしか)→治ってから4週間程度
  • 風疹、おたふくかぜ、水痘→治ってから2〜4週間程度
  • 突発性発疹、手足口病、伝染性紅斑等→治ってから1〜2週間程度

上記に限らず体調不良の際は予約日を延期しましょう。

肺炎球菌ワクチンとヒブワクチン

我が国では、年間約2〜3万人のこどもが菌血症(血液の中に細菌が入り込み、全身に炎症を起こす状態)をおこし、そのうち1000〜2000人の子供が細菌性髄膜炎を発症しています。
死亡率が5%〜10%、後遺症も25%と高く、一刻も早く診断し、適切な抗生剤の点滴治療が必要な病気です。
髄膜炎の原因菌として約60%が”ヒブ(Hib)”(インフルエンザ菌タイプbという細菌。ウイルスではありません。)で、20〜30%が肺炎球菌です。
どちらの細菌も、小児にとっては珍しくない中耳炎や肺炎の原因でもあります。
髄膜炎を”かぜの始まり”と見分けることが非常に難しいこと、またどちらの菌も、抗生剤が効かない耐性菌の率が高くなってきたという二つの理由から、ワクチンで予防することが大変重要です。

海外では2000年ころから、約100ケ国で使用が始まり、安全性や有効性は明らかになっています。
接種対象者は、ヒブワクチンは2ヵ月〜5歳、肺炎球菌ワクチンは2ヵ月〜9歳。どちらも基本は計4回接種ですが、開始年齢によって回数が異なります。
(予約が必要です。ご予約、料金につきましては受付でおたずねください。)

ご予約の詳細はこちら