アクセス 電話する

お問い合せ TEL 03-5791-3636 ご予約(自動音声ガイダンス) TEL 186-03-4570-3389

水痘ワクチン

みずぼうそう(水痘)

どんな病気?

水痘帯状疱疹ウイルスによって起こる病気です。多くの場合、それほど重くなりませんが、無視できない数の子どもたちが重症になる病気です。伝染力も麻しん(はしか)と同じくらい強いものです。米国では定期接種で2回受けますが、日本では任意接種でお金がかかるため、接種率が30%と低く、毎年80万人くらいがかかっています。
かかる年齢は生後すぐからです。多いのは、生後6か月から4歳頃。保育園でかかることも多く、そうなるとママやパパなどが仕事を一定期間休む必要も出ます。

症状や経過

ふつう2─3週間の潜伏期の後に、熱が出て、体に虫さされのような赤い斑点が出てきます。1日くらいでそれが水ぶくれになって、全身に広がります。強いかゆみもあります。熱は数日でおさまって、水ぶくれの所も黒いかさぶたがつくようになり、7日くらいでおさまります。ただし、熱が出ない場合もあれば、高熱が続く場合もあります。

重症になると・・・

軽いと思われるみずぼうそうですが、脳炎や肺炎、皮膚の重い細菌感染症など多くの合併症が知られています。日本でも、毎年みずぼうそうで亡くなる人がいます。重症になりやすいのは、1歳前、7−10歳以上、アトピーなど皮膚の病気のある人などですが、健康な子どもやおとなも重症になるのが問題です。

予防は?

国の任意接種では生後12か月からワクチン(生ワクチン)を受けます。1回受けた人も、3年前後したら2回目の接種が、米国同様に勧められます。

ご予約の詳細はこちら