お知らせ

不活化ポリオワクチンが9月より定期予防接種となりました。


不活化ポリオワクチンが9月より定期予防接種となりました。
当院でもこれまで不活化ポリオワクチンの予防接種を任意でおこなってまいりましたが、9月より定期予防接種となりました。
対象者には各自治体より不活化ポリオワクチンの予防接種受診票が郵送され生後3ヶ月以降の月齢にになると予防接種を受けることができます。
受診票が配布されましたら不活化ポリオワクチンの予防接種のご予約ください。(23区内でしたら当院でも予防接種票をお使いになれます。)
不活化ポリオワクチンは少なくとも計4回の接種が必要です。(1期初回接種に関しては最初の3回+追加1回)
今回はまず初回3回分の予防接種受診票が郵送されます。4回目の追加分は来年以降に配布となりますのでもうしばらくお待ちください。
当院で8月以前に任意で予防接種された方は、単独不活化ポリオワクチンはサノフィパスツールのImmovax Poiloで
今回国で輸入されるワクチンと同じワクチンです。ですからこれまで任意の不活化ポリオワクチン受けたつづきから予防接種することができます。
例えば、いままで2回予防接種されたかたは3回目から国の単独不活化ポリオワクチンで予防接種をすればいいわけです。
接種間隔に関してですが、IMMOVAX POLIOは各国によって接種回数、接種間隔に違いがあります。
当院では任意の不活化ポリオワクチンはアメリカの基準に近い接種を行っており、接種回数は4回で今のところ国の方針と変わりございませんが、
単独不活化ポリオワクチンの接種間隔は日本国はDPT(3種混合)ワクチンに準じた接種間隔を推奨しており、3回目と4回目に関しては当院で推奨していた接種間隔と異なります。
国の予防接種票は7歳6ヶ月まで有効で医師と相談して接種することになっており、
アメリカの接種方法も実際にこれでアメリカではポリオが予防されているので3回目も4回目も含めて当院で指示した接種間隔で構いません。
(まだ4回目の予防接種の受診票は配布されていませんが、4回目の予防接種は、国の推奨するように3回目の接種から1年後程度に短縮して予防接種されても構いません。)
来年以降の4回目の接種を含めて、きちんと計4回の不活化ポリオワクチンの予防接種をしていただくことが重要です。
ご不明な点は来院時にご相談ください。
なお9月より任意の不活化ポリオワクチンの予防接種は同じものではありますが、個人輸入したIMMOVAX POLIOから国が輸入したIMMOVAX POLIOに切り替えとなります。
このため、保証がやや手厚くなる分、納入価格が高くなりましたので1回の不活化ポリオの接種料金が7500円となりますのでご了承ください。

カテゴリ:お知らせ

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック