内科

血圧を下げる代表的な薬


1、 アンジオテンシン変換酵素阻害薬
体内でつくられているアンジオテンシンIIという血圧を上げる物質をつくらないようにします。その結果、血圧が下がります。

2、アンジオテンシンII受容体拮抗薬
アンジオテンシンIIという血圧を上げる物質が受容体を刺激することを妨げます。その結果、血圧が下がります。

3、カルシウム拮抗薬
血管を収縮させるカルシウムの筋肉への流入を抑制し、血管を拡げます。その結果、血圧が下がります。

4、ベータ(β)遮断薬
身体の状態を無意識のうちに調節している自律神経系のベータ(β)作用を抑制します。
それによって、心臓の拍出量の減少などがおこり、血圧が下がります。

5、アルファ(α)遮断薬
自律神経系のアルファ(α)作用を抑制します。それによって、血管の拡張がおこり、血圧が下がります。

6、降圧利尿薬
尿量を増加させることにより循環血液量が減少し、末梢での血管抵抗が低下します。その結果、血圧が下がります。

カテゴリ:内科, 高血圧症

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック