お知らせ

大人の麻疹(はしか)の予防接種に関して


麻疹(はしか)の流行が例年話題になるようになりました。

大人の外国人旅行者の感染や日本人の流行国からの持込感染が原因となっており、今後東京オリンピックなどのビックイベントがあると麻疹が流行するリスクが上昇するもの予想されます。とくに昭和52年から平成2年までの生まれの方は麻疹の予防接種が1回のみの接種となっており麻疹の免疫が低い可能性があります。自費とはなりますができれば2回接種を完了していただくことをおすすめします。一旦麻疹が流行するとすぐにワクチンは欠品するので(こどものMR1期が最優先)オフシーズンに予防接種をしていただくことがおすすめです。ワクチンは出荷状況に応じて麻疹単独ワクチン、またはMR(麻疹風疹)ワクチンの予防接種をしてください。

麻疹ワクチンが1回以下の予防接種歴で先に麻疹抗体価の検査をご希望の方は自費で血液検査を受けることもできます。一般的にはこれを基準として用いることしかできないため抗体価が低い方は再接種をおすすめしています。

明らかに麻疹の予防接種を2回完了しているかたの抗体検査は現在のところ必ずしもおすすめしておりません。抗体検査(液性免疫)のみでかかるかからないとは言い切れないためです。(細胞性免疫もあるため)

 

あらためてもう一度下記のことを確認しましょう。

(下記2点を満たしていれば再接種は不要です)

1、母子手帳などで麻疹ワクチンを2回以上受けた記録がある。

2、過去に麻疹にかかったことが確実である。

 

ワクチン接種状況を確認しましょう。

 

昭和52年以前生まれの方

定期予防接種が行われていませんでしたが、自然に麻疹に感染している可能性があります。免疫がある人とない人がいてご年齢とともに免疫が高いと考えられます。

 

昭和52年から平成2年までの生まれの方

定期接種をうける対象になっていましたが1回のみの接種となっています。麻疹の免疫が低い可能性があります。低い場合は修飾麻疹といって自身は比較的軽症でも周囲に感染させてしまうおそれがありますので2回の接種がおすすめです。2018年の沖縄の麻疹流行時もこの年代の感染が目立ちました。

 

平成3年以降の生まれの方

定期接種2回接種の世代です。母子手帳を確認のうえ接種が2回行われていない場合はMRワクチンを接種してください。

 

 

予防接種または検査をご希望のかたは当院受付までお声かけください。

 

 

カテゴリ:お知らせ, 予防接種

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック