月別アーカイブ: 2011年 4月

麻疹の流行の兆しあり、麻疹風疹混合(MR)ワクチンの1期から4期でまだ未接種の方は早めに予防接種をうけましょう。

 東京都は4月20日付けで、4月の都内のはしかの報告件数(1~18日)が24件と通常の4倍以上に増加していると発表し、予防接種を受けるよう注意を呼びかけています。 患者の年齢は、5歳未満が3人、5歳から19歳までが7人、 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

かぜ(風邪)症候群について

かぜ症候群の多くはウイルス感染により起こる病気です。冬季に主に流行します。 かぜ症候群の病原は80 – 90%が複数のウイルス感染であり、そのほか10 – 20%が細菌やマイコプラズマ、クラミジア … 続きを読む

カテゴリー: かぜ(風邪), 内科 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

尋常性乾せん(乾癬)の病態と治療について

表皮の角化細胞は約1ヶ月の周期で角化して脱落していく”新陳代謝”を繰り返していますが、乾せん(乾癬)の方の角化細胞は何らかの刺激によって活性化されたリンパ球により刺激されて、新陳代謝のサイクルが4~7日と短く … 続きを読む

カテゴリー: 乾癬, 皮膚科 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

品川区女性の健診診断について

品川区では通常では検診の機会のない16歳から39歳までの女性に対して無料で女性健康診断(診査)をうけることができます。 貧血に対して不安のある方、コレステロールや高血圧の家系の方、健康に普段からお悩みがある方などこの健診 … 続きを読む

カテゴリー: 健康診断, 品川区女性健康診断(審査) |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

逆流性食道炎(胃食道逆流症)の生活療法

<.胃液の逆流を起こしやすい食べ物を減らしましょう> 脂肪分やタンパク質の多い食事をとりすぎないようにすることが大切です。他に、胃酸を増やしたり胸やけの症状を悪くしたりすることのあるチョコレート・ケーキなどの甘いもの、唐 … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 逆流性食道炎(胃食道逆流症) |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

逆流性食道炎(胃食道逆流症)の原因

逆流性食道炎の原因となる胃液や胃の内容物の逆流は、食事の内容、肥満、加齢、体型などによって下部食道括約筋等の食道を逆流から守る仕組みが弱まったり、胃酸が増えすぎることで起こります。 <脂肪の多い食事、食べ過ぎ> 脂肪分の … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 逆流性食道炎(胃食道逆流症) |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

逆流性食道炎(胃食道逆流症)とは?

逆流性食道炎は、強い酸性の胃液や、胃で消化される途中の食物が食道に逆流して、 そこにとどまるために、食道が炎症を起こし、びらん(粘膜がただれること)や 潰瘍(粘膜や組織の一部がなくなること)を生じる病気です。 このため胸 … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 逆流性食道炎(胃食道逆流症) |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

4月1日より小児肺炎球菌ワクチン予防接種の品川区助成制度が始まります。

品川区ではH23年4月1日より小児肺炎球菌ワクチンの助成制度が始まります。 対象:生後2ヶ月~5歳未満で品川区に住民票のある方 接種回数:接種開始月齢 2ヶ月~7ヶ月未満 初回免疫3回+追加免疫1回      接種開始月 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック