月別アーカイブ: 2011年 2月

爪白せん(爪水虫)について

白せん菌(水虫菌)が爪に感染する事によって色々な爪の変形を生じます。整容的な面からのみでなく、爪が厚く肥厚することによって靴に当たって痛みが出たり爪の周囲に他の細菌感染を起こしたり、体の他の部位への白せん菌を移す感染源と … 続きを読む

カテゴリー: 水虫(白癬), 皮膚科 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

エンビロンの基礎化粧品について

レチノール配合のスキンケア商品では老舗のエンビロンのワークショップで、吉川病院の川添剛先生とニュー上田クリニックの上田由紀子先生の講演会に参加しました。 川添先生の講演ではエンビロンの基礎化粧品に含まれているパルミチン酸 … 続きを読む

カテゴリー: エンビロン, 皮膚科 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

円形脱毛症の臨床像

毛包部の炎症期に見られる毛として、切れ毛・折れ毛・感嘆符毛・黒点などが挙げられます。 1。切れ毛 毛の根本の毛包で炎症が起こることによって弱くなり、ブツツと途中で切れてしまう毛のことで、指で上から触るとチクッと指に刺さる … 続きを読む

カテゴリー: 皮膚科, 脱毛症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

円形脱毛症の原因・病態について ~自己免疫性脱毛説~

髪の毛が伸びる”成長期”の毛の根本にある毛母細胞や毛包の周りは、もともとは免疫的に”寛容”な状態であり、抗原抗体反応が起こりにくくなっています。これにはα-MSHやTGF-βなどの免疫寛容を維持す … 続きを読む

カテゴリー: 皮膚科, 脱毛症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎について

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、生後2ヶ月から6ヶ月にかけて顔の中でも凸部であるホッペタやアゴ、おでこ、耳の前後に赤い湿疹がたくさん出来て次第にそれがつながって表面がジクジクした赤みになって生じることがほとんどです。鼻の横 … 続きを読む

カテゴリー: アトピー性皮膚炎, 皮膚科 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

水虫(白せん)の治療について(1)

まずは足の皮膚にできる水虫について 高齢化社会がすすみ、足の水虫(ハクセン)は4人に1人、爪の水虫(ハクセン)は10人に1人の割合でみられ、徐々に増加傾向にあります。夫婦間より親子間で感染しやすいと言われています。ただ、 … 続きを読む

カテゴリー: 水虫(白癬), 皮膚科 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

蕁麻疹(じんましん)の治療について

1ヶ月以上にわたり毎日のように膨疹が繰り返し出る状態を慢性じんましんと言いますが、実際には特定のアレルゲンやきっかけもなく自然に出現してくるものを“特発性じんましん”といいます。 皮膚の肥満細胞から出るヒスタミンなどの活 … 続きを読む

カテゴリー: じんま疹, 皮膚科 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

不眠症について

睡眠には個人差が大きく、短い睡眠時間でぐっすり眠る人と、8時間以上眠らないとだめな人といろいろあります。また、加齢とともに、眠りが浅くなったり、朝早く目が覚めたりすることはよく知られています。現代の複雑多様なストレス社会 … 続きを読む

カテゴリー: 不眠症, 内科 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

痛風・高尿酸血症の治療

 高尿酸血症の治療は生活習慣の修正、尿路管理、尿酸降下療法の3つが中心になります。 日本痛風・核酸代謝学会の高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインでは従来からの専門家の合意である「6-7-8のルール」 (高尿酸血症7.0mg … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 痛風・高尿酸血症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

痛風とは?

痛風発作の原因は尿酸という物質です。尿酸はどんな人のからだの中にも一定量あって、血液などの体液に溶けて循環し、尿の中に濾し取られて捨てられます。ところが、何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えると、から … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 痛風・高尿酸血症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック