月別アーカイブ: 2011年 1月

高血圧の薬 Q & A (3)

Q. 血圧の薬を服用していて副作用は大丈夫なのでしょうか? A.どんな薬でも、副作用のない薬はありません。 しかし、幸いなことに最近の高血圧の薬では、重大な副作用はきわめて少なくなっていますので、 下記の正しく服用するた … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 高血圧症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

高血圧の薬 Q & A (2)

Q. 血圧が下がりすぎた時でも続けて薬を服用してもよいのでしょうか? A.立ちくらみ(急に立ち上がった時にフラフラする)などの低血圧の自覚症状がなければ、家庭での自己測定で、少しぐらい血圧が低くても薬の服用を続けて下さい … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 高血圧症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

高血圧の薬 Q & A (1)

Q. なぜ、高血圧は怖いのでしょうか? A.血圧とは、からだのすみずみまで血液を流すための‘押し出す力’のことです。 血圧が長時間高い状態が続くということは、血管に長時間その力がかかり続けるということです。 そして、その … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 高血圧症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

サイレントキラー高血圧症について

高血圧は具体的に何が問題なのか意外と知られていません。血圧とは簡単にいうと心臓が血液を全身に送り出す際の圧力のことです。この圧力が基準値(血圧140/90mmHg)以上続く状態を高血圧といいます。なお、血圧は収縮期血圧( … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 高血圧症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

10月8日(土曜日)の皮膚科の臨時休診について

いつも皮膚科受診ありがとうございます。 10月8日(土曜日)は都合のため皮膚科のみ臨時休診とさせていただきます。内科、小児科は通常どおりの業務になります。ご迷惑かけますがよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: お知らせ |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

不活化ポリオワクチンの初回接種受付を一時延期します。

いつも予防接種をご予約していただきありがとうございます。9月16日現在不活化ポリオワクチンの在庫がなくなりましたので初回受付を一時延期いたします。現在ワクチンの追加発注しておりますのでワクチンの納入次第、次回10月1日前 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 不活化ポリオワクチン |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

スギ花粉皮膚炎(皮膚科)

花粉皮膚炎について スギ花粉の飛散する1月から4月にかけて両まぶた周囲の赤み・カユミ・皮疹を主訴に来院される方が増えています。約20年前頃より”スギ花粉皮膚炎”という診断名で報告されています。特徴的な皮膚症状 … 続きを読む

カテゴリー: 花粉皮膚炎 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

花粉症の対策はお早めにしましょう。

2011年度は、スギ花粉は飛散の表年にあたり、前年夏が記録的な猛暑だったこともあり、今シーズンのスギの飛散は昨年の6倍、平年並みより多く飛散すると予想されています。花粉症の対策はお早めにしましょう。 花粉症のブログを追加 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

花粉症とは

スギ、ヒノキ、ブタクサなどの花粉が鼻や目にはいることによりアレルギーをおこし多彩な症状がでる病気です。 アレルギーとは、ある特定の物質が体内に入り過剰な免疫反応をおこし、身体に不利益な症状を引き起こすことです。 この特定 … 続きを読む

カテゴリー: 花粉症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

花粉症の起こり方

花粉が長い間特定の人に接触していると、そのうち体内に抗体という特殊なタンパク質をつくりだします。 この抗体と花粉(アレルゲン)が反応して結合します。 これが引き金となって肥満細胞という細胞の表面から炎症を起こすヒスタミン … 続きを読む

カテゴリー: 花粉症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック