内科

糖尿病について

今日、日本の糖尿病の患者数は890万人、予備軍を含めると2,210万人と推定されています(国民健康・栄養調査 2007年)。 それにもかかわらず、実際に治療を受けている糖尿病患者の数はその10分の1程度、わずか237万人 … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 糖尿病 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

高脂血症の運動療法

運動療法の有効性は次の3つの理由から証明されています。 ① 摂り過ぎたエネルギーを消費し、脂肪が皮下や内臓に蓄積されるのを防ぐ。 ② 血行をよくして血管のしなやかさを改善するとともに、血圧を低下させて動脈硬化の進展を防止 … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 高脂血症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

高脂血症の治療

高脂血症の治療は、 まず食事療法や運動療法、禁煙などの生活習慣の是正を行います。 しかしながら、体内のコレステロールの約70%は肝臓や小腸で合成されるため、 食事からコレステロールを全く摂らなかったとしても、 コレステロ … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 高脂血症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

血圧を下げる代表的な薬

1、 アンジオテンシン変換酵素阻害薬 体内でつくられているアンジオテンシンIIという血圧を上げる物質をつくらないようにします。その結果、血圧が下がります。 2、アンジオテンシンII受容体拮抗薬 アンジオテンシンIIという … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 高血圧症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

高血圧の薬 Q & A (3)

Q. 血圧の薬を服用していて副作用は大丈夫なのでしょうか? A.どんな薬でも、副作用のない薬はありません。 しかし、幸いなことに最近の高血圧の薬では、重大な副作用はきわめて少なくなっていますので、 下記の正しく服用するた … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 高血圧症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

高血圧の薬 Q & A (2)

Q. 血圧が下がりすぎた時でも続けて薬を服用してもよいのでしょうか? A.立ちくらみ(急に立ち上がった時にフラフラする)などの低血圧の自覚症状がなければ、家庭での自己測定で、少しぐらい血圧が低くても薬の服用を続けて下さい … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 高血圧症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

高血圧の薬 Q & A (1)

Q. なぜ、高血圧は怖いのでしょうか? A.血圧とは、からだのすみずみまで血液を流すための‘押し出す力’のことです。 血圧が長時間高い状態が続くということは、血管に長時間その力がかかり続けるということです。 そして、その … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 高血圧症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

サイレントキラー高血圧症について

高血圧は具体的に何が問題なのか意外と知られていません。血圧とは簡単にいうと心臓が血液を全身に送り出す際の圧力のことです。この圧力が基準値(血圧140/90mmHg)以上続く状態を高血圧といいます。なお、血圧は収縮期血圧( … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 高血圧症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

花粉症とは

スギ、ヒノキ、ブタクサなどの花粉が鼻や目にはいることによりアレルギーをおこし多彩な症状がでる病気です。 アレルギーとは、ある特定の物質が体内に入り過剰な免疫反応をおこし、身体に不利益な症状を引き起こすことです。 この特定 … 続きを読む

カテゴリー: 花粉症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

花粉症の起こり方

花粉が長い間特定の人に接触していると、そのうち体内に抗体という特殊なタンパク質をつくりだします。 この抗体と花粉(アレルゲン)が反応して結合します。 これが引き金となって肥満細胞という細胞の表面から炎症を起こすヒスタミン … 続きを読む

カテゴリー: 花粉症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック