内科

頭痛について

頭痛とは、一生のうち一度も経験しない人はいないほど、最もありふれた症状の一つです。 例えば、風邪をひいたとき、冷たいアイスを食べたとき、二日酔いになったとき・・・など、生活の色々な場面で頭痛は起こります。 ですが、頭痛の … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 頭痛 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

かぜ(風邪)症候群について

かぜ症候群の多くはウイルス感染により起こる病気です。冬季に主に流行します。 かぜ症候群の病原は80 – 90%が複数のウイルス感染であり、そのほか10 – 20%が細菌やマイコプラズマ、クラミジア … 続きを読む

カテゴリー: かぜ(風邪), 内科 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

逆流性食道炎(胃食道逆流症)の生活療法

<.胃液の逆流を起こしやすい食べ物を減らしましょう> 脂肪分やタンパク質の多い食事をとりすぎないようにすることが大切です。他に、胃酸を増やしたり胸やけの症状を悪くしたりすることのあるチョコレート・ケーキなどの甘いもの、唐 … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 逆流性食道炎(胃食道逆流症) |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

逆流性食道炎(胃食道逆流症)の原因

逆流性食道炎の原因となる胃液や胃の内容物の逆流は、食事の内容、肥満、加齢、体型などによって下部食道括約筋等の食道を逆流から守る仕組みが弱まったり、胃酸が増えすぎることで起こります。 <脂肪の多い食事、食べ過ぎ> 脂肪分の … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 逆流性食道炎(胃食道逆流症) |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

逆流性食道炎(胃食道逆流症)とは?

逆流性食道炎は、強い酸性の胃液や、胃で消化される途中の食物が食道に逆流して、 そこにとどまるために、食道が炎症を起こし、びらん(粘膜がただれること)や 潰瘍(粘膜や組織の一部がなくなること)を生じる病気です。 このため胸 … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 逆流性食道炎(胃食道逆流症) |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)

むずむず脚症候群は足の裏やふくらはぎ、太ももなどに不快感が起こり、 じっとしていられなくなる病気で、レストレスレッグス症候群とも呼ばれています。 患者さんによって症状の訴え方はさまざまですが、よく聞かれるのは 「足の中を … 続きを読む

カテゴリー: むずむず脚症候群, 内科 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

不眠症について

睡眠には個人差が大きく、短い睡眠時間でぐっすり眠る人と、8時間以上眠らないとだめな人といろいろあります。また、加齢とともに、眠りが浅くなったり、朝早く目が覚めたりすることはよく知られています。現代の複雑多様なストレス社会 … 続きを読む

カテゴリー: 不眠症, 内科 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

痛風・高尿酸血症の治療

 高尿酸血症の治療は生活習慣の修正、尿路管理、尿酸降下療法の3つが中心になります。 日本痛風・核酸代謝学会の高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインでは従来からの専門家の合意である「6-7-8のルール」 (高尿酸血症7.0mg … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 痛風・高尿酸血症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

痛風とは?

痛風発作の原因は尿酸という物質です。尿酸はどんな人のからだの中にも一定量あって、血液などの体液に溶けて循環し、尿の中に濾し取られて捨てられます。ところが、何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えると、から … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 痛風・高尿酸血症 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック

糖尿病について

今日、日本の糖尿病の患者数は890万人、予備軍を含めると2,210万人と推定されています(国民健康・栄養調査 2007年)。 それにもかかわらず、実際に治療を受けている糖尿病患者の数はその10分の1程度、わずか237万人 … 続きを読む

カテゴリー: 内科, 糖尿病 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック