食物依存性運動誘発アナフィラキシー

FDEIA、食物依存性運動誘発アナフィラキシーについて

原因となる食物を食べたあと、運動が加わって初めて発症するアナフィラキシーで、臨床症状として、蕁麻疹と共に呼吸困難・気分不快・意識消失などの症状を起こします。 例えば、パン食の給食後に体育の授業中に倒れたり、お好み焼きの外 … 続きを読む

カテゴリー: 皮膚科, 食物依存性運動誘発アナフィラキシー |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック