とびひ(伝染性膿痂疹)

“とびひ”について

正式名称は伝染性膿痂疹といって、ブドウ球菌や溶連菌などの細菌感染症です。接触によって移り、火事の飛び火のようにあっと言う間に広がる事より、とびひ、といわれています。あせも、虫さされ、湿疹などを引っかいたり転んでできた傷に … 続きを読む

カテゴリー: とびひ(伝染性膿痂疹), 皮膚科 |

五反田 皮膚科|内科|小児科 サザンガーデンクリニック